発達障害の子供とお母さんが幸せに生きる方法

体験を元にした“広汎性発達障害”について発信していきたいと思います。

「広汎性発達障害」の記事一覧

言葉の遅れと広汎性発達障害

自分がいつから言葉を話すようになったのか、覚えている人はあまりいないと思いますが、親はちゃんと覚えていますよね。 それくらい、わが子が言葉を話すというのは親にとって嬉しいことなんだと思います。 言葉の遅れが見られてもほと […]

広汎性発達障害の検査方法について

広汎性発達障害かどうかを調べるための検査方法は複雑なんでしょうか? 乳幼児健診などで発達障害の疑いがあると、病院で検査を受けてくださいといわれます。 まだ言葉もよく話せない小さな子供を病院に連れて行くのは気がすすまないも […]

クレーン現象と広汎性発達障害

子育てをしていると、クレーン現象という言葉を耳にすることがあると思います。 クレーン現象とは、指差しが苦手な子供に見られる行動パターンで、何かをして欲しい時、人の手をもってかわりにやってもらおうとする行為です。 クレーン […]

吃音者の苦悩と広汎性発達障害

吃音(きつおん)とは、一般に「どもる」といわれる話し方のことです。 DSM-5において、吃音は神経発達障害群という一般に知られる発達障害、広汎性発達障害、ADHD、LD、運動チック、音声チック、協調運動障害と同様の枠に分 […]

奇声を発する広汎性発達障害の子供の接し方

生後4ヶ月~3歳ごろまでの乳幼児には、奇声を出す姿がよくみられますが、自閉症や、レット障害などの広汎性発達障害の子供もよく奇声をあげます。 言葉の遅れが見られる子供は、言葉の代わりのコミュニケーションでもあり、意思表示を […]

広汎性発達障害に気づかない人達が抱えるようになる問題とは

発達障害に気づかないまま大人になった人たちが、意外と身近にいるということを知っていますか? 重度の自閉症などは小さい時に気づくことが多いのですが、知的障害のない広汎性発達障害や、ADHD、LDなどの発達障害は、本人や周り […]

広汎性発達障害の人の独特な記憶力

広汎性発達障害の人は記憶力がいいということを聞いたことがあるでしょうか。 記憶力がいいと、テスト勉強の時便利だなあと思いませんか。 彼らの中には本当に驚異的な記憶力をもつ人たちが存在します。 広汎性発達障害の人は、定型発 […]

緊張して疲れやすい広汎性発達障害の子供への対処法

自閉症の息子の話になりますが、小さいころから触られるのが嫌いでした。 とても恐がりで、人が多いところや電車の中では緊張し、体を硬くして顔もこわばっています。 広汎性発達障害の人は感覚過敏を持っていることが多く、それは本人 […]

広汎性発達障害は完治しますか?

広汎性発達障害や発達障害は完治するものなのか? 子供が発達障害だと診断されたとき、まだわたしは発達障害が何なのか、自閉症が何なのかもよく知りませんでした。 完治するのかどうか、病院を訪ねる親や当事者にしてみればとても大き […]