強迫性障害と広汎性発達障害

強迫性障害は不安障害のひとつで、ある考えが頭に繰り返し浮かび、そのことによる強い恐怖を避けるために、一定の習慣や儀式的な行動を繰り返してしまうものです。

その生涯有病率は2~3%とされ、精神疾患の中でも頻度の高い疾患であるとされています。

強迫性障害をもつ患者を診察すると、広汎性発達障害を基盤にもっている人が多いという報告があります。

スポンサードリンク



強迫性障害と広汎性発達障害は関連がある?

images

強迫性障害とは精神疾患の一つで、頭に浮かんでしまって払いのけられない考えを強迫観念、ある行為をしないではいられないことを強迫行為といいます。

例をあげると不潔に思えて手を何度も洗う、戸締りやガスの栓などを何度も確認せずにはいられないといったことがあります。

そういったことは誰でも経験することですが、その不安やこだわりが度を超しているなと感じる場合は、強迫性障害の傾向があるのかもしれません。

これらを精神疾患であることに気づかない人も多いといいますが、治療によって改善するといわれています。

強迫性障害と広汎性発達障害を併発している人が多いというのは、広汎性発達障害の人が必ずそうなるのではなく、ストレスなどにより後天的に生じたものだと言えそうです。

「考えが頭から離れない」「しないではいられない」ことが何度も続き、自分でも辛かったり不安になったときには専門機関に相談したほうがいいのですが、人には打ち明けられず悩んでいる人も多いそうです。

強迫性障害の原因と症状について

強迫性障害発症の理由については性格や生育歴、ストレスや感染症など、多様な要因が関係していると考えられていますが、脳内の特定部位の障害や、セロトニンやドーパミンを神経伝達物質とする神経系の機能異常が推定されるともいわれています。

もともと几帳面な人、完璧主義の人に多い傾向があるといわれます。

強迫性障害は強迫観念と強迫行為の2つの存在からなり、両方が存在しない場合は強迫性障害とは診断されません。

当事者もそのような考えや行為はばかげていると思うのですが、やめようとすると不安が募ってきてやめられないといいます。

強迫性障害の症状には個人差があり、人間のもつ、ありとあらゆる心配事が要因となり得るといわれています。

比較的よく見られる症状を次にあげます。

不潔恐怖・洗浄強迫(潔癖症)

手の汚れが気になり、何度も洗わないと気がすまない。

人によっては汚いと思うものを手袋をはめて触る、お金やカード類も帰宅のたびに洗う。

確認強迫

外出や就寝の際に、家の鍵やガスの元栓、窓を閉めたか等が気になり、何度も戻ってきては執拗に確認する。

電化製品のスイッチを切ったかなど度を越して気にする。

加害恐怖

自分の不注意などによって他人に危害を加える事態を異常に恐れる。

車の運転をしていて、気が付かないうちに人を轢いてしまったのではないかと不安に苛まれて確認に戻る。

被害恐怖

自分で自分の体を傷つけてしまうのではないかと不安に苛まれ、鋭利なものを異常に遠ざける。

自殺恐怖

自分は自殺してしまうのではないかと異常に恐れるもの。

疾病恐怖症

自分が重大な病や、いわゆる不治の病などにかかってしまうのではないか、もしくは、かかってしまったのではないかと恐れるもの。

縁起強迫

自分が宗教的、もしくは社会的に不道徳な行いをしてしまうのではないか、もしくは、してしまったのではないかと恐れるもの。

不完全強迫

家具や机の上にある物が自分の定めた特定の形になっていないと不安になり、これを常に確認したり直そうとする等の症状。

保存強迫

自分が大切な物を誤って捨ててしまうのではないかという恐れから、不要品を家に貯めこんでしまうもの。

数唱強迫

不吉な数やこだわりの数があり、その数を避けたり、その回数をくり返すようになるもの。

スポンサードリンク



強迫性障害の治療方法

強迫性障害の治療には、3つの療法を組み合わせるのが効果的だとされています。

1.専門医師によるアドヒアランス

アドヒアランスとは、患者自身が治療方針の決定にかかわることで、「治そう」という意欲を高めて治療効果を上げようという考え方です。

医師から薬の服用量や行動療法の十分な説明を聞き、病気や治療にひとつひとつ向き合っていきます。

2.薬物療法

SSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)の処方を適切に行うことで、かなりの患者に改善がみられるそうですが、中には薬物療法に反応が見られなかったり、副作用のために十分な薬物が服用できない人もいるそうです。

3.認知行動療法(曝露反応妨害法)

患者が強迫観念による不安に立ち向かい、やらずにはいられなかった強迫行為をしないで我慢するという行動療法を行います。

汚いと思うものをさわって手を洗わないで我慢する、留守宅が心配でも鍵をかけて外出し、施錠を確認するために戻らないで我慢するなどです。

強迫性疾患は治る疾患であると、当事者自身が信じてあきらめないことが最も重要であるといわれています。

自分の内面と向き合うことで恐怖、強迫の実態から抜け出すことができるようになり、強い不安が弱くなっていくそうです。

広汎性発達障害と強迫性障害の関連性

うつ病、統合失調症、摂食障害、境界性パーソナリティ障害などの患者にも強迫性障害が認められることは広く知られているそうですが、近年、広汎性発達障害との関連性も注目されています。

強迫性障害の患者が広汎性発達障害を基盤に持つ場合、SSRIや行動療法の効果が十分に得られないという指摘があります。

広汎性発達障害を基盤にもつ人の場合は、広汎性発達障害に合わせた環境調整を検討する必要があるようです。

広汎性発達障害の人に物がきちんと並んでいないと気がすまない人、いつも決まった時間に決まったことをしないといけない人、いつもの道を通らないといけないとか、ちょっと儀式めいた行動をする人がいます。

広汎性発達障害の人は細部に意識を集中させるという特性を持っているため、きちんとしていないと気がすまない、潔癖症的な部分を持っているところがあります。

また、目に見えない先のことや、未来に対してうまくイメージできないので、過去に経験してきたことを繰り返すと安心するのかもしれません。

自分なりの決まりごとをかたくなに守ろうとするのは、そういう理由があります。

ある意味では強迫性障害に近いのかもしれないと、息子の行動を見ていて思いあたることもありました。

もし、不安からきているものだったら、何に対して不安を抱いているのか、その原因を取り除いてあげたいと思います。

実体験に基づく強迫性障害克服の鉄則35

実体験に基づく強迫性障害克服の鉄則35
価格:972円(税込、送料別)

まとめ

未来への不安、家族や子供のこと、経済的な問題など、、、心に不安や心配、恐れのない人はいないと思いますが、自分の心と向き合わずに放っておくと、いつの間にか恐れや不安に心を占領されてしまうこともあります。

辛いことが多くて夜眠れない、睡眠導入剤を飲んでやっと寝るという人が周りにもいるんですが、多くの人が心に不安や恐れを抱えているようです。

広汎性発達障害の人が強迫性障害を併発しやすい気質はあるかもしれません。

広汎性発達障害の人は過去に辛い経験をしたことを鮮明に覚えていて、急にフラッシュバックすることがあります。

それらは消えることはないかもしれませんが、少しづつ喜びや嬉しい体験を増やしてあげなければいけないのかもしれません。

広汎性発達障害の人は自分の気持ちを表現することが苦手です。

彼らが何に怯えているのかを察してあげること、大丈夫だよと安心させてあげたいと思います。

私自身の心にも恐れや未来に対する不安がありますが、最近は放置せずに向き合うようにしています。

スポンサードリンク