ADHDとアスペルガーの顔つきについて

ネット上では発達障害の人の顔つきについて書いてあるブログがあります。

アスペルガー症候群やADHDの人には共通した顔つきの特徴があるんだとか。

それはどのようなもので、ある程度の信憑性があるのでしょうか。

スポンサードリンク



ネット上で調べたアスペルガーとADHDの顔つきについて

140726567610_TP_V

アスペルガーの顔つきについてよく言われているのは、端正な顔つきとのことです。

・小さいころからかわいいと言われていた

・彫りの深い顔立ちが特徴的

・大きくなっても童顔で、実際の年齢より若く見られることが多い

・細面に切れ長の目、あごが尖っている

・美男美女

・不細工な人がいない

・肌が綺麗

・涼しげな雰囲気

・色白で肌が綺麗な子は多い

・無表情(表情に乏しい)

・生まれた時の頭囲が平均の数値よりも大きい傾向にある

ADHDの顔つきについては、次のようなものです。

・目が離れている

・えらが張っている

・ネコ型の顔が多い

統計を取っていくとこういう傾向が現れてくるのは面白いのですが、全員がそうではないので、参考程度に思っていればいいのかなと思います。

アスペルガーと同グループの自閉症の方の顔つき

自閉症はアスペルガー症候群と同じく広汎性発達障害の一つですが、自閉症の方々にも同じような顔つきが認められるといいます。

知的障害があるなしに関わらず、子どものころから整った顔つき、美形といわれることが多いようです。

息子の場合は小さい時から、わりと皆に整った顔つきだと言われてきました。(管理人プロフィールの写真です)

顔だけ見ればかわいいと思われていたのです。

多くの生徒を見ているであろう学級担任の先生からも、よくそう言われたので、客観的にもそうなのかもしれません。

最近、親のわたしが感じるのは内面の部分です。

息子はほとんど言葉を話さないので、悪い言葉を使いません。

また、テレビの音も嫌いで、ドラマなどを見ていると音を消されてしまうのですが、ドラマやアニメもほとんど見ず、悪い影響から遮断されている部分はあります。

人の悪口や、不平不満を言わず、親よりよっぽど純粋な心を持っているので、内面の清さが顔つきにも表れているのかなと思うこともあります。

自閉症の場合は特徴的な顔つきというよりも、特徴的な表情はあります。

みんながおかしく笑っているとき、一人無表情であったり、その場に合わない表情をしていることがあります。

みんなが静かにしている時に、一人ニコニコしたり、、、ということもあります。

アスペルガーの特徴は顔つきよりも態度や行動に現れる

アスペルガー症候群やADHDの方の顔つきというものがあるかもしれませんが、顔つきだけで判断はできません。

アスペルガーの方の特徴に、相手と視線を合わせない、相手の目を見ないというのがあります。

定型発達の人は、無意識に相手の感情や意志というものを、相手の表情から読み取っているのですが、自閉症やアスペルガー症候群の方は、相手の表情から相手の気持ちを判断したり、言葉の意味を読み取るということが苦手なので、相手の顔を見ずに話したりしがちです。

1対1で話すときも、相手の目を見て話そうとせずに、別の方向を向いていたり、下を向いていることもあります。

普通は相手の話を良く聞こうとして相手の目を見るのですが、アスペルガーの人にはそのことがあまり意味をなしません。

相手の目を見ながら話すというのは、一般常識として見られることも多いので、それができないと相手に悪い印象を与えてしまうこともあります。

目をじっと見つめられることで不愉快になる人もいるので、余計に目が合わせられなかったり、逆に目つきが悪いといわれることもあるそうです。

アスペルガー症候群は知的な遅れがなく、むしろ頭のいい人が多いので、障害と認知されづらい側面もあり、周りの理解を得にくい部分があります。

アスペルガー症候群の人によく見られる特徴を次にあげておきます。

・その場の空気を読むことが苦手

・明確な指示がないと動けない

・曖昧な指示やアイコンタクトなどを理解するのが困難

・興味のあることはずっと話してしまう

・自分の関心のないことには興味を示さない

・急な予定変更が苦手で対応ができない

・名前を呼ばれないと自分だと気がつかない

・思ったことをストレートに言うので、相手を傷つけることもある

・記憶力がよい

・一度興味を持った物事に対して、異常なほどのこだわりや集中力、記憶力を発揮する場合もある

・五感(聴覚、嗅覚、視覚、味覚、触覚)が過敏なことが多い

・協調運動が苦手で不器用なことがある

細かな症状は個人により差があり、複数の症状を持ち合わせていることもありますが、基本的には自分以外の何か(人や物事)にうまく共感できないところがあり、言い回しが不適切などのコミュニケーションにおける困難さがめだつようです。

スポンサードリンク



ADHDの顔つきと現れる特徴について

ADHDの場合も顔つきからわかるというものではなく、皆ご両親から受け継いだ顔をしています。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は英語でAttention Deficit Hyperactivity Disorder、不注意、多動性、衝動性の3つの症状が見られる発達障害です。

アスペルガーと同じように言葉の遅れはありませんが、不注意が強く現れる方と、多動性、衝動性が強く現れる型、混合型があります。

不注意

・忘れ物が多い

・よく物をなくす

・集中が続かない

・自分がやりたいことや興味のあることに対しては集中しすぎて切り替えが難しい

・片づけや整理整頓が苦手

・計画を立てて物事を行うことが苦手

・相手の話に集中できない

・空想家

多動性

・落ち着いてじっと座っていられない

・そわそわして体が動いてしまう

衝動性

・順番を待つのが苦手

・思い立ったら行動に移してしまう

・相手の会話に割り込んで話し始める

ADHDの場合もアスペルガーや学習障害を併発している場合もあり、細かい症状は個人により差があります。

アスペルガーやADHDかな?と疑問を持ったら専門機関へ相談を

ネット上にはADHDやアスペルガー症候群のチェックリストから、発達障害の原因や結果、ご本人の経験談、口コミなど、、様々な情報があります。

ご自分である程度の判断ができるかもしれません。また、日常にはそんなに困らないからといって、そのままにしておくのはよくないと思います。

発達障害の特性を知らないまま社会人になった時に、結婚して家庭を持つようになった時に、問題になるケースがあります。

学校生活や、対人関係で困難を感じるようであれば、少しでも早く発達障害の知識を得て、今感じているストレスを減らしてください。

周りの方が気がついてあげれば、手助けすることも可能になりますし、できるだけ生活しやすい環境を整えてあげることができるでしょう。

はじめから専門医に行くのはハードルが高いと思う方は、まずは地域の発達障害者支援センターで無料相談を利用するのがよいと思います。

18歳未満の子どもの場合は子育て支援センター、児童相談所、児童発達支援事業所、発達障害者支援センター、小児精神科。

18歳以上の大人の場合は、発達障害者支援センター、障害者就業・生活支援センター、心療内科、精神科になります。

発達障害の診断をしてくれる病院は、とても混んでいるといわれますが、知能検査や発達検査は児童相談所で受けることができます。

こちらの記事もご覧ください広汎性発達障害の子供の診断とチェックリスト

まとめ

アスペルガーやADHDの顔つきは、そういう傾向があるのかなという程度に考えておきましょう。

アスペルガーや、ADHDを含む発達障害の症状は、本当に人によって多様です。

日常生活にほとんど問題のない方、この世で成功を治めている方、ご自分の得意分野を生かして活躍されている方がいらっしゃることは周知のことと思います。

その一方で周りの理解がなく、よい指導者に恵まれず、仕事を何度も変えたり、失敗や挫折を繰り返している方も多いのです。

言葉の遅れがないことや、身辺の自立はできているので、家族も本人も知らずにいることが多い障害です。

アスペルガーやADHDの生きづらさを解決するには、ご本人の自覚はもちろん、家族や周りの方の支援も不可欠です。

面白おかしく話題にするより、本当に困っている方のためのサポート体制が整うことが願われています。

あなたの周りにも、未診断のアスペルガーやADHDの方がいるかもしれません。

障害に対する理解をもって接していただけると、お互いに気持ちよく過ごせるのではないかと思います。

スポンサードリンク



2 Responses to “ADHDとアスペルガーの顔つきについて”

  1. 乙女座 より:

    はじめまして、こんにちは、乙女座です。私は、小さい頃、発達障害で苦労して何回も幼稚園を辞めさせられ色々な病院を回りました。中高になって集団生活とか意識するようになりましたが、ジャイアンタイプの人に変なことを言って阻害されたこともありました。専門に入るまでは人見知りで自分から関わっていくという事はありませんでしたが語学系の学校でビジネスを学びながら人間関係の構築に抵抗がなくなってきました。今の私は明るく皆と協力する事が楽しいと思っています。
     顔の変化は、少し垢抜けた事かな
    メイクとかは余りしませんけど。
    小学校→よくたらこ唇、出っ歯など
    悪口を言われた。
    中学校→一重瞼だけど大きい目。
    「アイプチすれば可愛いのにぃ。」
    とか言う女に傷ついた。
    ぱっちり二重にはわからない苦労。
    高校→渾名は中間くん、石原さとみ
    、アンジェリーナ・ジョリー、志尊くんなど。
    一重でもパーツは濃いので東南アジア系ハーフっぽいとよく言われた。
    ジャイアンタイプの問題児の女に毎日「淳太くん×2!」と毎日授業中なども囃し立てられ担任に相談した事もあった。
    18~二十歳までネットに自撮りをあげて色々な国籍の男性からチヤホヤされたり交際の申し込みが来た。
    一重の三白眼で睨んでるとかカンニングとか言いがかりをつけられた目も今はTWICEのツウィちゃんに似てると言われた事が嬉しかった。童顔になったのは、割と最近で実際より4、5才も年下に見られる事が嬉しい。そんなところかな。決して美人ではないけど、環境によって顔は、変化しますね。長文失礼しました。

    • mina より:

      乙女座様
      始めまして、コメントありがとうございます^^

      人間関係はいつの時代も簡単ではありませんよね。
      発達障害と上手に付き合いながら、成人されるまで大変なご苦労があっただろうと思います。
      思春期のころは純粋で、感性も繊細なので、傷つくことも多かったことでしょう。

      いろいろ大変なこともあったのでしょうが、今は人間関係を楽しんでおられるようなので良かったですね。
      辛かった経験も後で自分の糧になります。同じような悩みを持っている方の力になってあげることもできます。
      これからも頑張ってください。

      中村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ