高齢出産と発達障害の原因

女性が35歳を過ぎてから初めて出産することを高齢出産といいます。

また、初産でなくても35歳以上での出産を高齢出産ということもあります。

高齢出産では様々なリスクが挙げられますが、胎児への影響も心配されるところです。

発達障害の原因にも関連するでしょうか?

スポンサードリンク



高齢出産にはどのようなリスクがあるのか

YOU86_ninpusan_TP_V

女性の一般的な出産適齢期は20代後半なんだそうです。

これはホルモン、子宮の状態などの母体のコンディションが 20歳後半にピークを迎えるからだそうです。

健康状態には個人差があるので40代で出産も可能ですが、年齢が高くなるほど出産のリスクが上がるといわれています。

どのようなリスクがあるのでしょうか。

・不妊の割合が高くなる

・流産や早産、切迫流産や切迫早産の確率が高まる

・ダウン症などの先天性の障害を持つ子どもが生まれる確率が高くなる

・妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になりやすい

・難産になりやすい

・帝王切開を勧められる

最近の産まれた子どもの約4人に1人のママが、35歳以上での出産だそうです。

高齢出産の傾向が高くなっていますが、出産のリスクは年齢に関わらず、どんな時でも注意は必要です。

万全の準備をしたからといって発達障害の子どもが生まれないとはいえません。

でも20代と40代ではあきらかに体力が違うので、体にかかる負担は相当なものだと思います。

出産後の育児と家事の両立にしても、20代なら勢いでできてしまうことも、年齢が上がるごとに体がついていかないということを実感することでしょう。

高齢出産により卵子と精子も劣化する

女性の卵子が老化するという話を聞いたことがありますか?

卵子は女性の出生時に生産され、それ以後増えることがないそうです。

一般的に出生時に約200万個あった原始卵胞は、日に換算すると、1日当たり数十個が減り続け、やがて閉経を迎えるといいます。

女性が一生の間に排卵する卵子の数はきまっているので、年齢を重ねるにつれて妊娠しにくくなります。

また卵子は顔にシワやシミができるのと同じように徐々に老化していくといいます。

男性の精子はどうでしょうか。

男性は高齢になっても精子は作られますが、精子の質は徐々に劣化していくといわれています。

不妊治療の研究で男性の精子の運動率を調べた結果、高齢になるほど運動率が低下していることが明らかになったそうです。

ダウン症などの染色体異常の子どもが生まれるのは、母親側の高齢化が原因だとされていますが、男性側が高齢でも染色体異常が起きてしまうことがあります。

また、男性が高齢の場合、発達障害である自閉症の子どもが生まれるという報告もあります。

ドイツで行われた研究では、高齢の父親から生まれる赤ちゃんに、心臓や肺、血管への生まれつきの障害がある場合があり、統合失調症を発症するリスクが高いとされています。

高齢出産により先天性異常の発症率が高くなる傾向がありますが、これも個人差があることなので必ずしもそうとはいえません。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

卵子老化の真実 [ 河合蘭 ]
価格:918円(税込、送料無料) (2016/8/23時点)

高齢出産のリスクを減らすために健康に意識を向けよう

どうしても高齢出産のリスクは問題にされがちですが、高齢出産のリスクを減らすことはできます。

かつて加齢によって発病すると考えられた成人病は、生活習慣の大きな変化により、まだ成人していない子供までもが発症するようになりました。

日本人の食生活や生活習慣は大きく変化したので、現代は大人だけではなく不健康な子ども達も増えています。

ファーストフード、インスタント食品、コンビニの惣菜、清涼飲料水、刺激の多いスナック、スイーツ、お弁当などを買って食べることは日常になっています。

つい安くて、簡単で、口当たりのいい食品ばかりを取ってしまいますが、実は体に良くないものを大量に摂取している可能性があります。

タバコ、お酒、薬、添加物だらけの食品、不規則な生活習慣、無理なダイエット、環境汚染、運動不足、ストレス、PC、ゲーム、スマホなしでは考えられない生活、、、。

毎日食べるもの、毎日の生活習慣がいつの間にか不健康な体や心を作っています。

だから最近では高齢出産にかかわらず、若い方も多くの出産のリスクを抱えています。

子どものことを考えるなら、普段から健康に対する高い意識が必要なのに、わたしたちは目に見えないことは後回しにしてしまう傾向があるので、病気になってはじめて病院を訪ねるのです。

妊娠してから気をつけようでは遅いので、普段から生活習慣を見直すことが大切です(なかなか難しいと思いますが、、)

女性が心がけたいこと

卵子の数は生まれた時に既に決まっており、後は減少する一方だといいましたが、子供が欲しいと思う女性は過度なダイエットは避け、ビタミンやミネラルの摂取、バランスのよい食事はもちろんのこと、卵子老化を促進する生活習慣を改めるようにしましょう。

卵子の老化予防には、活性酸素をなるべく避け、質の良い睡眠をとり、卵子の老化を遅らせる食べ物を積極的に摂ることです。

具体的には抗酸化栄養素、葉酸、カルシウム、鉄分、バランスのいい食事をとり、出産に対する不安、心配、恐れを取り除きましょう。

ご主人とお腹の赤ちゃんへの感謝と愛情を持ち続けてください。

男性が心がけたいこと

男性の精子は高齢になっても作られますから、女性ほど年齢にこだわらなくてもいいと思うかもしれませんが、子どもが欲しいと思うなら出来るだけ若いうちが良いのではないでしょうか。

さまざまな研究から、男性の妊活の年齢については50歳くらいまでが限度であり、それ以上になると障害を持つ子供が生まれる可能性が高くなるといいます。

精子も活性酸素に弱いという研究結果が発表されているので、精子の劣化を防止するためには、抗酸化物質を多く摂取することが大切だといわれています。

トマトに多く含まれているリコピン、ビタミンE、亜鉛、葉酸を食生活に取り入れ、タバコ、お酒は減らし、ストレスを減らす工夫をしてみてください。

奥さんとお腹の赤ちゃんに感謝と愛情をかけることを忘れないでください。

スポンサードリンク



もし発達障害のお子さんが生まれても心強い?高齢出産のメリット

女性が社会に進出するようになり、年々結婚年齢も上がり、高齢出産する女性は増えています。

体外受精を試みる人も増えており、医療技術の発達により、若い時の卵子を凍結して体外受精を行うということもできるそうです。

女性が50歳近い年齢での超高齢出産をする方が国内でも少なくないというのも驚くべきことですね。

高齢出産というとリスクばかりが増えてデメリットが多いのではと思う方も多いかもしれませんが、意外とメリットがあるそうです。

・貯蓄があり育児にかかる費用を十分に蓄えられる

・金銭的にも精神的にも余裕がある

・人生経験や知識が豊富で子育てに向き合える

・知人の出産体験を聞き、若い人よりも知識がある

・経済的な安定は子供に感情的にならずに優しく接することができる

・出産を通して若返りが期待できる

・高齢出産のリスクがある…!という意識から自己管理をするようになる。

・やりたいことをやってきたので子育てに専念できる

高齢出産をする方が増えているといっても、まだまだ少数派で、周りの目とか、体力的なこととか、父兄会や授業参観では気を使うかもしれません。

でも精神的な余裕があるのは心強いですよね。

家庭のためにも、お子さんのためにも、ご主人のためにもとても大切です。

まとめ

高齢出産と発達障害の原因については、はっきりとした見解はありません。

高齢出産のリスクが高くなることは事実ですが、ご本人の心の持ち方が一番大切だと思います。

是非ご主人からたっぷりと愛情を受け、2人の愛情をお子さんに向け、お子さんの誕生を待ち望んでいただきたいと思います。

もし発達障害のお子さんが生まれてきても、何か問題が起こっても、その時どのように対処するかで、その家庭とお子さんの人生が変っていくと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ