広汎性発達障害と障害年金、初診日の証明が取れない場合は申立書を

広汎性発達障害は障害年金の認定の対象になります。

障害年金を申請する時にまず聞かれるのが初診日がいつかということなのですが、もし、初診日の証明が取れない場合は申立書と、裏づけ資料を添えて提出しなければなりません。

障害の程度、初診日の日付により、個人個人申請方法が違ってくるので慎重に申請したほうがよいと思います。

スポンサードリンク



広汎性発達障害と障害年金について

-shared-img-thumb-N934_karutewomitekangaerudr_TP_V

広汎性発達障害の子供たちが20歳になったとき、障害の程度によって障害年金を受給できます。

申請は高校を卒業してから、もう少し先のことになりますが、障害年金の申請はけっこう複雑だということと、自分たちが海外に住んでいたということもあって、あらかじめ聞いておいたほうがいいかと思いました。

ネットでも、障害年金についてのサイトがありますが、読んだだけではよく分からない部分もあり、申請時の書類の書き方は個人個人違うらしく、専門家に任せたほうがいいようなことも書いてありました。

息子の場合はどうなるのか、いろいろ気になったので、管轄の役場に出向いて聞いてきました。

20歳になる前に初診日がある病気、けがで障害になった場合は障害年金の申請ができます。

障害評価の時期は原則として20歳到達日で、この時点で障害の状態が障害等級1.2級に該当していれば、障害基礎年金を受給できます。

これを20歳前障害基礎年金といい、保険料納付要件は問われません。

保険料無処出の年金であるため、本人の前年の所得に応じて、全額または2分の1が支給停止されます。

また、もし障害の状態が障害等級に該当していない場合には、その後障害の程度が重くなり障害等級に該当した時点で、事後重症請求を行います。

障害年金申請のために押さえておきたい初診日

障害年金を申請するときに注意しておかなければならないのか初診日です。

初診日は障害年金を請求できる資格があるかの判断をするものであり、人によっては年金の額にも関係するのでとても重要な日付です。

この初診日が不明なまま役所に申請に行くと、「確認の上再度お越し下さい」とか病院をいくつか変わっている場合、「初診日の証明を取ってきてください」と言われ、申請書類をもらえないこともあるらしいのです。

傷病には必ず初診日があり、その日がいつで、どの病院の初診日かを特定する必要があります。

広汎性発達障害の場合でも、知的障害がある場合は出生日が初診日になりますが、知的障害がない場合は、その症状ではじめて医師の診察を受けた日になります。

また、20歳を過ぎて診断を受けた場合は、その間どの年金に加入していたか、未払い金がなかったか等の保険料納付要件が問われるようになります。

もし、最初に初診日だとされた日よりも前の受診記録が出てくることがあると、初診日は変更しなければならず、申請を最初からやり直すことになります。

成長過程の記録はできるだけ残しておいた方がいいそうです。

スポンサードリンク



障害年金申請に当たって初診日が特定できない場合は申立書が必要

初診日を特定する一番の方法は医師の証明になります。

診断書を作成する病院が初診ならば問題はありませんが、それ以外は初診の病院から別途初診日の証明(受診状況等証明書)を作成してもらい提出しなければなりません。

しかし、過去にさかのぼって請求する場合、カルテの廃棄や廃院等で証明書の取得が困難なケース、本人が「受診状況等証明書が添付できない申立書」に記入し、裏づけ資料を添えて提出しなければなりません。

その申立書に添付する資料の例として次のようなものがあげられています。

・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳または写し

・特別児童扶養手当の受給証または写し

・障害児福祉手当認定通知書

・身体障害者手帳、療育手帳等の申請時の診断書または写し

・生命保険・損害保険・労災保険の給付申請時の診断書

・事業所等の健康診断の記録

・母子手帳

・健康保険の給付記録

・お薬手帳・糖尿病手帳・領収書・診察券(可能な限り診察日や診療科が分かるもの)

・小学校・中学校等の在学証明・卒業証書

・特別支援学校の在学証明・卒業証書

最近は初診日の証明資料が提出できない場合、どんなに障害が重くても障害年金が認定されないこともあるそうです。

初診日がはっきりしない、初診日がかなり前で、記録が残っているかわからない、記憶が曖昧、そのような方は専門家に相談をしたり、任せたほうがよいかもしれません。

障害年金が認定されるまでに時間がかかり、何度も役所に足を運ばなければならないからです。

何を提出すればよいか、提出して認定されるかどうかは、個々の状況により異なるそうです。

その当時に病院を受診したと判断するのが妥当だと言う心象を与えられるような第三者の証言や、詳細を説明する申立書を提出することで障害年金を受給できるそうです。

平成27年10月1日に厚生労働省令により、初診日認定に関する取扱いが変更となりました。

障害年金の専門家のサイトで詳細がわかります。

http://syogainenkin119.com/index.html#3

発達障害は障害年金の対象になるが、障害の状態によって初診日と認定度が変る

発達障害はIQが高くても社会行動やコミュニケーション能力の障害により、日常生活に著しい制限を受けることに着目して認定が行われます。

また、発達障害とその他認定の対象となる精神疾患が併存している時は諸症状を総合的に判断して認定します。

同じ発達障害でも、知的障害のある自閉症は精神の障害の知的障害に属します。

知的障害のない発達障害(アスペルガー症候群、高機能自閉症、特定不能の広汎性発達障害、ADHD、LD等)は精神の障害の発達障害に属します。

もう一つ注意することは、障害年金の申請に一番重要な初診日の違いです。

重度の知的障害がある自閉症は、初診日=出生日になりますが、知的障害のないアスペルガー症候群、高機能自閉症、特定不能の広汎性発達障害、ADHD、LD等は医師の診断を受けた日です。

20歳前に初診日があれば、20歳前障害基礎年金の扱いになり、20歳前障害年金の障害認定日は20歳到達日の前日か、初診日から1年6か月経過した日か、どちらか遅い日になります。

初めて受診した日が20歳以降の場合は、当該受診日が初診日になります。

詳細:http://syogainenkin119.com/ninteikijun.html#1100

まとめ

息子は知的障害のある広汎性発達障害なので、障害年金の申請をするときは20歳前障害年金になり、初診日=出生日ですが、知的障害のない広汎性発達障害だったら最初に病院で診断を受けた日が初診日になります。

その場合、当時診断を受けた海外の病院(10年以上前)に連絡を取り、受診状況等証明書(英文)をとりよせて郵送、それを取り寄せ、さらに翻訳して書類を添付して申請することになるといわれました。

カルテって5年は取ってあるというけど、それ以上は残っているのか?海外から取り寄せられるのか?ということも疑問です。

受診状況等証明書が取得できない場合は申立書を提出することとなりますが、証拠資料を添付しても却下される時もあるそうです。

障害年金の申請は20歳前に初診日があるかないか、どの年金に加入していたか、先天性の疾患か、保険料納付要件が問われるかなど、チェック項目も多く、ちょっと調べただけでも複雑だと思いました。

20歳を過ぎて広汎性発達障害の診断を受けた方、さらに高齢の方は、初診日が何十年も前になることもあり、他の精神疾患や、別の病気を併発しているかによっても、申請内容が変ってきます。

特に初診日の認定で却下されてしまうと、障害年金が支給されないこともあるので、十分な準備をして申請したほうがいいと思います。

障害年金の申請がよく分からない方、遡って請求する方、初診日を証明する資料が見つからない方、障害厚生年金を申請する方、事後重症請求を申請する方は、障害年金を扱う社会保険労務士に相談してから申請したほうが間違いがないように思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ