広汎性発達障害と運転免許と運転障害との関係は

広汎性発達障害の人が運転免許をとれるのか、運転をしても大丈夫か、運転した時にどのような問題があるかなど心配な方が多いようです。

広汎性発達障害の人も、知的障害のない人は運転免許を持っている方がいます。

とても苦労して、ようやく運転免許を取る人もいますが、後に発達障害の診断を受けた方もいます。

そのような方は障害をどのように受け止め、どのような基準で運転をしているでしょうか。

スポンサードリンク



広汎性発達障害の人が運転免許を取得できるか

a0002_004142

発達障害の人は運転をしてはいけないということを、聞いたことがあるかもしれません。

アスペルガーの人やADHDの人が運転すると危ないし危険だという理由からです。

しかし、発達障害だから運転免許が取れないというわけではありません。

発達障害の人に現れる特性は個人差があり、順調に運転免許が取れる人と、筆記試験に何度も落ち、何ヶ月もかかってやっと取得する方もいます。

医師や周囲の人間、時には本人も、広汎性発達障害の人は運転しない方がいいというのが多数意見のようです。

多くの人が広汎性発達障害の人は運転しない方がいいというのは何故でしょうか。

広汎性発達障害(アスペルガー)、ADHDの人の特徴とは

広汎性発達障害やADHDの人にどのような特徴があるでしょうか。

アスペルガーの人の特徴

・空気が読めない、他人の気持ちがわからない

・思ったことをそのまま口に出してしまう

・曖昧な表現が苦手

・細部によく気が付く

・ルールをよく守る

・まじめな人が多い

・こだわりが強い

・臨機応変な対応が苦手

・突然の出来事に対応できない

・同時に複数のことができない

・感覚過敏がある(音、臭い、触感)

・騒々しい環境が苦手

・フラッシュバックが生じやすい

・パーソナリティ障害になりやすい

ADHDの人の特徴

ADHDの人は不注意、多動性、衝動性という3 つの症状を持っています。

大人になるにつれて多動性は落ち着いていくようですが、不注意、衝動性は大人になっても残ります。

・ミスが多い

・片付けられない

・約束を忘れてしまう

・落ち着きがない

・空想に浸る

・ひとつのことに没頭してしまう

・時間感覚がおかしい

・方向音痴

・右と左を区別するのに時間がかかる

・ストレスに対する耐性が弱い

・周りの雑音が無差別に脳に入ってくる

・興味のないことには集中できない

・爪を噛む、貧乏ゆすり、チック症がある

スポンサードリンク



広汎性発達障害、ADHDの人が運転すると予想されること

普通自動車の運転免許は18歳から取得できます。

発達障害の人が教習所に通うのは、ほとんどが知的障害のないアスペルガー症候群、ADHDの人たちです。

発達障害の人達が運転免許を取ることは可能ですが、実際運転してみるといろいろな問題がでてくるようです。

・運転しながら人と会話をするのは無理

・周囲の音や景色に影響を受ける

・運転中にほかのことを考えてしまう

・教習所で習ったとおりに運転しようとする

・臨機応変な対応ができない

・事故が起きるとパニックを起こす

・運転中にフラッシュバックを起こすことがある

・車をよくぶつける

・ハンドル操作をしながら道路標識を見ることが困難で、標識を飛ばしてしまう

・まわりの状況をよく見れない

・しょっちゅう事故を起こす

・運転が荒い

・まじめで交通ルールをきっちり守る

・スピード違反をしない

・慎重に運転するので事故が少ない

運転免許を取得して運転をするようになると、実際いろんな場合に遭遇します。

突然予想もしていないことが起こったり、こちらが気をつけていても、相手の不注意から事故になることもあります。

発達障害の人が安全な運転ができるかどうか、やはり慎重に決めたほうが良いと思います。

広汎性発達障害の人が運転免許を取るには

都心に住んでいると、運転の必要性をそれほど感じませんが、田舎に住んでいると、運転ができないといろいろと不便です。

普通免許を持っていると就職にも有利です。

また、仕事の関係上どうしても運転しなければならない方もいると思います。

広汎性発達障害、ADHDの方は、まず、かかりつけの医師と相談して運転できるどうかを相談しましょう。

免許取得後の更新の際に、障害があっても運転に支障が無い証明を医者に書いてもらわなければいけないなど手続きが必要な時もあります。

人によってはまずは原付免許を取るという方もいます。

原付免許は受講時間も少なく、教習所の雰囲気に慣れるのにはいいチャンスです。

スピードに慣れ、短時間にいろいろな処理をする経験を積んでおくと、運転免許が取りやすいそうです。

合宿を利用して短期集中で取る方もいます。

最近、栃木県に発達障害者専門の教習所もできましたね。

鹿沼自動車教習所

教習に不安のある方の運転免許取得をサポートするつばさプランというのがあり、福祉手帳がなくても利用できるそうです。

近隣の教習所でなかなか免許が取れなかった人たちが、丁寧なサポートと充実した環境の中で免許が取れているそうです。

発達障害がありながらも免許を取ることはできる

広汎性発達障害の人やADHDの人に見られる特徴を考えた時に、定型発達の人より事故を起こすリスクは高いと言えるかもしれませんね。

運転免許を取る人の中には、自分が発達障害であるということを知らない方もいると思いますが、発達障害の特性を知らずに教習所に通うと、とても大変であることに気づきます。

筆記試験で何度も落ちてしまう人もいます。

教官の抽象的な言葉や態度を理解できず、よく怒られて戸惑いと不安が募ります。

路上試験になると、緊張して習ったとおりにできないので、断念してしまう方もいるそうです。

人によるのですが、助手席に信頼できる人に乗ってもらうことで、安心して運転できます。

また、ある方は同席者がいると運転に集中できないから、一人で運転するという方もいます。

そうかと思うと10年以上無事故で、ゴールド免許の方もいらっしゃいます。

卒業試験に合格できれば、その後は楽しく運転ができているという方も多いです。

きちんと交通ルールを守るという良い面が、運転する時にも現れているのでしょう。

しかし、どんなに自分がルールを守り気をつけていても、事故が起きる可能性はあります。

その時適切な行動を取れるか、パニックにならず対処ができるかということも、対策を立てておくと良いと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

発達障害者と自動車運転 免許の取得と教習のためのQ&A [ 梅永雄二 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/7/11時点)

まとめ

発達障害の人が運転免許を取るのは簡単ではないかも知れませんが、筆記試験を受ける知的水準と根気があれば大丈夫なんです。

でも、定型発達の人よりリスクが大きいだろうということを知って、教習所の門をくぐったほうがいいと思います。

運転の向き不向きもあるだろうと思います。

せっかく運転免許を取ったのに、度重なる事故を起こしたら、経済的な損失も大きいです。

交通違反による罰金、税金、車検、保険、ガソリン代などの負担もかかります。

本当に運転が向いていないと思ったら、運転はしないという選択も必要かもしれません。

定型発達の人でも、よく車をぶつけていたため運転をやめた人、事故は起こしていないけれど自分には向いていないと思い運転をやめた人もいます。

運転が上手になって何処にでも行けるようになった、家族を乗せてあげられるようになって喜んでもらえた、自信感が持てるようになったという方もいます。

自分の能力を客観的に見つめて、賢い選択をされるようお願いします。

スポンサードリンク



4 Responses to “広汎性発達障害と運転免許と運転障害との関係は”

  1. 本田 雅貴 より:

    私も広汎性発達障害です。今、車の免許を取るために自動車学校へ通っています。11月から通い始めたのですがなかなかさきに進めず、親からも、なんでなかなか取れないんだ!と言われています。しかも、路上教習では、たまに右と左を間違えていまいます。教官にも怒られてばかりなので自動車学校へ行きたくないと思うことがあります。そう思った時にはどうすればいいですか?ちなみにMT車を取ろうとしています。また、広汎性発達障害だとは、言っていません。

    • nakamura より:

      本田さん、コメントありがとうございます!

      教習所に障害のことをいう必要はありませんが、怒られると余計に緊張してミスが多くなる、一度にたくさんのことを言われても聞き取れないなど、運転に集中できないなら教官を変えてもらい、事情を伝えてもいいのではないでしょうか。
      誰でも怒られてばかりだと精神的に辛いのは当然です。
      1人で抱え込まずに、主治医や支援センターに相談してみてはいかがでしょうか。
      免許があると何かと役に立つので取得できるといいですね。

  2. まみ より:

    息子が発達障害(LD)で言語理解が困難なようです。
    技能はセンスがあるようで、スムーズに進み1~2週間でクリアし、教官の方にも褒めて貰っていたのですが…効果測定に受からずもう何ヵ月も経ってしまっています

    普通に学校の試験では合格出来ていたし、今専門学校に通っていますが、そちらでも色々な資格を取得出来ています。

    効果測定の問題用紙が文字が細かくずらりと並んでいるのが本人が苦手としているものなのではないかと思い、どうしていいのかわからず困っています…

    • mina より:

      まみ様
      コメントありがとうございます。

      お子様のこと心配ですよね。
      知恵袋など検索すると、効果測定に何度も落ちたという方も少なくないようです。

      息子さんがどうしても免許を取りたいという意思があるなら応援してあげてください。
      また、ブログの中にある鹿沼自動車教習所にお問い合わせ欄もありましたので、スタッフにメール相談をされるのもいかがでしょうか。
      良い方向に向かわれることを願っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ