発達障害の子供に対する薬の投与と副作用について

発達障害の子供には、ほかの人には迷惑だと思われる問題行動が現れることがあります。

授業中に歩き回る、奇声をあげるなどの行動は、ほかの子どもへの影響があるため、正直嫌がられるし、教師からも病院に行くように勧められることが多いのです。

病院に行けば、薬を処方されるようになるのですが、副作用についてはどうなのでしょう。

スポンサードリンク



発達障害の子供に薬が使われるのはどんなとき?

発達障害の子供たちに、必ずしも薬が使われるのではありません。

成長段階にある子供に、長期にわたって薬を服用させることは、望ましいことではないと多くの人は思っていることでしょう。

けれども、問題となる行動が家庭生活や集団生活、または命に関わることに影響するとき、薬物療法が必要な精神疾患と思われるときは、薬による治療を併用することがあります。

症状的には次のような場合に使われます。

・感情のコントロールが非情に難しいとき

・多動

・不注意

・激しい衝動性

・てんかん

・著しい睡眠障害

・著しい不安障害

・摂食障害

・激しい自傷行為や他害行為

発達障害による問題行動の程度は、その子供を受け入れる環境によっても大きく違います。

極端な話、一般の小学校で、授業中に席を立ってしまう、声を出すなどの行為は、他の生徒の授業の妨げになるので、やめてほしいといわれることですが、支援学校の少人数のクラスではそれほど問題にはなりません。

子供を極度に不安にする環境下では、子供もストレスを受け、自傷行為やパニックが頻繁に起こりますが、環境が変れば、それも減らすことができるでしょう。

発達障害を持つ子供に薬を使う目的は、円滑な社会参加をさせることです。

薬を飲むことで、発達障害の子供と、子供にかかわる人たちの負担を減らし、良い方向に改善されるということは、多くの症例から認められています。

けれども、同じ障害であっても、体質や環境により、症状の現れ方や発達の仕方が違うので、同じ薬を使っても一定の効果が現れないこともあります。

医師の方でも、今までのデータを参考にして、薬を処方しますが、その薬で効果が現れる場合と、現れない場合があります。

子供(ときに青年、成人)によって、反応は様々で、副作用の出方も違います。

発達障害の子供への薬の投与と副作用

抗精神病薬
リスパダールエビリファイ

発達障害は精神疾患とはされませんが、自閉スペクトラム症の易刺激性に抗精神病薬のリスパダールやエビリファイを使うことがあります。

易刺激性は自閉スペクトラム症の周辺症状としてあらわれ、具体例として攻撃性や自傷行為があげられます。

新しい場面や急な出来事、思い通りにならないとき、悪い記憶の思い出しなどちょっとしたきっかけで機嫌を損ね、かん高い声で訴えたり、怒って物を壊したり、自分の体を強く叩いたりすることがあるのです。

このお薬は、そのような易刺激性をやわらげるのに有効です。

中枢神経刺激薬
コンサータ

AD・HDこと注意欠陥・多動性障害に対する国内初の治療薬になります。

主成分は「中枢神経刺激薬」のメチルフェニデート、これを長時間作用型の徐放錠としたものです。

アメリカを中心に海外でも広く使われ、AD・HDの標準治療薬として位置付けられます。

明確な作用機序は不明ですが、脳内における神経伝達物質のドパミンやノルアドレナの活性化が、諸症状の改善につながると考えられています。

比較的速効性で、子供のAD・HDにみられる不注意、多動性、衝動性のいずれにも有効です。

副作用の発現率はやや多く、口の渇き、食欲不振、吐き気、便秘、不眠、頭痛、動悸などが起こりやすいです。

それほど心配いりませんが、ひどいときは早めに受診してください。

また、子供の体重減少や成長遅延が気になるときは、医師とよく相談してみましょう。

なお、メチルフェニデートは、もともと 抗うつ薬として使用されてきましたが、乱用や依存が問題となり、こちらの適応は削除されました。安易に用いてはいけないので、処方や調剤ができるのは、一定の基準を満たす登録済みの医療機関や薬局に限られます。

非中枢神経刺激薬
ストラテラ

国内2番目のAD・HD治療薬。薬理作用からは「選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」に分類されます。

コンサータとは効き方が違う「非中枢神経刺激薬」なので、依存・乱用のリスクがほとんどなく、コンサータで禁忌とされる過度の不安・緊張などの併存障害をもつ人にも使用可能です。

また、2012年に適応が拡大され成人期においても使用できるようになりました。

詳しい作用機序はよく分かっていませんが、神経伝達物質のノルアドレナリンの濃度を上昇させる作用があり、これがAD・HDの諸症状の改善につながると考えられています。

速効性はなく、効き方はメチルフェニデートよりゆるやかです。服用開始2週間くらいから徐々に効き始め、6~8週目で効果が安定してきます。副作用も比較的少ないです。

おくすり110番より抜粋

スポンサードリンク



発達障害の子供にはてんかんを起こす場合がありますが、抗てんかん薬(カルバマゼピン、バルプロ酸など)が処方されます。

抗てんかん薬は脳の神経細胞における過剰な興奮を抑制します。その作用が過剰になった場合、中枢神経が抑制され、眠気やふらつきなどの症状が出現します。

これらは、ほとんどの抗てんかん薬に共通して出現する副作用です。

なお、副作用には、1.飲み始めに出るもの、2.服薬量が多いために出るもの、3.アレルギーにより特定の人に出るものがあります。

  1. 飲み始めの副作用(眠気,頭痛,めまい,ふらつきなど)は、薬を少量から開始しゆっくり増量することで防ぐことができます。
  2. 服薬量が多いための副作用(視界がぼやける,複視,ふらつき,めまいなど)は,服薬後に一過性に出現します.減量か服用回数を増やすことで改善できます。
  3. アレルギー反応による副作用(薬疹,骨髄抑制,肝障害など)はほとんどは飲み始めの数ヶ月以内に出現し、多くは服薬を中止すれば改善しますが、重症になることがごくまれにあります。アレルギー反応は予見できないため、少量で開始して注意を怠らないことが大切です。
カルバマゼピン:白血球減少

治療開始の数ヶ月以内に生じやすく、子供の約12%、成人の約7%にみられます。

臨床的に問題となることはそれほどないといわれています。

バルプロ酸ナトリウム:高アンモニア血症

原因については色々な説があり、腎臓でのアンモニアの産生増加、尿素サイクルの障害などがいわれています。

治療として、腸管でのアンモニア産生・吸収を抑制する薬剤や、カルニチンの投与が行われることがあります。

てんかん情報センターより抜粋

発達障害の子供への薬の長期投与による副作用の影響は

発達障害の子供に、長期に渡って薬を飲ませていいんだろうかと考える親は多いと思います。

4歳くらいのときに睡眠障害がひどかった息子に薬を飲ませたことがあります。

そのときは3ヶ月ほどでしたが、重篤な副作用は見られませんでした。

また、小学校5年生の終わりに、通常学級で声を出すことがあったので、ほかの子どもの授業の妨げになるからと小児精神科を紹介され、2年近くリスパダールを飲みました。

支援学校に転入してからは飲まなくなりました。

うちの場合は、薬による副作用はそれほどでなかったというか、あったかもしれないけど、子供が話さないのでわからなかったというのが本当かもしれません。

薬による副作用はすぐに出るものと、ずっと後になってでてくる場合があります。

薬には必ず副作用があるということを、消費者もよく調べておくことをお勧めします。

こちらの記事も参考になります。

発達障害の子供への向精神薬についての話

まとめ

最近、自分の体の不調から鍼灸院に通うようになりました。

そこの先生は、昔、薬剤師だったそうで、病院で出すは体を冷やすから良くないという意見です。

あらゆる体の不調や病気は『冷え』からきているものが多いというので、そこでの治療はまず体の冷えを改善することから始まります。

人間に備わっている自然治癒力というものを考えると、何でも薬に頼ってしまうのはどうなのかと思うときがあります。

発達障害の深刻な問題行動を抑えるには、薬に頼らなければならないときもあることでしょう。

発達障害の子供たちを見ている療育者、特に周囲の人たちは、病院で薬をもらうのが手っ取り早いと考えるのかもしれません。

でも安易に薬に頼らずに、何がストレスになっているのか調べてみる、環境を変えてみるという試みが必要かもしれません。

薬には必ず副作用があるということを忘れずに、子供のストレスを減らす努力をしていきましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ