発達障害の原因と家庭環境

自閉症をはじめとする発達障害の原因は、現在の医学ではまだはっきりとわかっていません。

誰でも一度は耳にしたことがあるかと思いますが、この障害に現れる症状や特性が多様なため、多くの方が間違ったイメージを抱いていることもあります。

いまでも親の育て方や、家庭環境が原因と思われていることもあります。

スポンサードリンク



現在の発達障害の原因について

a0070_000263

日本では発達障害は先天的な脳の機能障害であり、親の育て方や教育など、家庭環境が原因ではないと定義しています。

ある程度成長し、正常に発達した後に事故や疾患により生じた後天的な脳の障害は、発達障害とはいわず高次機能障害と呼ばれます。

発達障害の子供を見ていくと、その兄弟や親、親戚にも発達障害の人がいることが多く、遺伝的要因が大きいといわれています。

そのほかの原因は出産前後のトラブル、環境科学物質汚染、環境ホルモンの影響、予防接種などもあげられています。

妊娠中の喫煙、飲酒も胎児には悪い影響を与えるといわれています。

タバコを吸うことによって体内にニコチンや一酸化炭素が吸収され、母体の活性酸素が増え、それによって発達障害の子供が産まれる可能性が高くなるといわれています。

「母親が妊娠中にストレスを受けなかったか」ということもよく聞かれますが、どんなに胎教に気を使い、食事に気を使い、無事に出産した場合も発達障害の子供が生まれることがあります。

予防接種に含まれる水銀やアルミニウムなどの重金属が、発達障害の原因ではないかという報告があり、これによって予防接種やインフルエンザワクチンを受けない人が増加した時期もありましたが、医学的な証明はされていません。

発達障害の方の脳には重金属が蓄積されているので、それらを排泄するためのキレート療法、サプリメントの投与などを推奨している医師がいますが、保険治療の対象外であるキレート治療にはなんら医学的な根拠がないと反対する医師もおられます。

本当のところはどうなのか、自分で試してみるしかないのかなあ?と思います。

家庭環境は発達障害の原因ではないが世間の目は冷たい

発達障害は初見ではっきりわかる障害ではありません。

定型発達の親が発達障害の子供を育てる時には少しずつ違和感を感じるようになり、言葉の遅れのある場合は3歳までに、言葉の遅れがない場合は小学校入学以降にわかるようになります。

発達障害についての知識も理解もない親が子育てをする時、児童虐待までは行かないまでも、子供が叱られたり、否定されたりすることは多いです。

親も子供もストレスにより、うつ病や不安障害、パニック、自傷行為、他害行為につながっていくこともあります。

親が教育やしつけに厳しい場合、過干渉な場合、親が発達障害である場合、発達障害の子供の養育は難しくなっていきます。

発達障害は先天的な脳機能の障害であるといわれますが、家庭環境は子供が成長していく過程で大きな影響を与えるだろうと思います。

また、児童虐待や、機能不全家庭で育った子供の脳に器質的損傷を与える事が近年多数報告されており、そういった子供たちは反社会的な行動や、挑戦的行動を起こしやすいといわれています。

外の人から見ると、発達障害の子供の行動や態度は目に余るものがあります。

見た目は普通の子供と変らないのに、年齢相応になっても順番を待てないことや、パニックを起こし周りの人に迷惑をかけることもあります。

初めての人にいきなり話しかけたり、失礼なことを言ったり、注意しても聞かなかったり、、

このようなことが続くと親のしつけがなっていない、家庭環境が悪いからなどと間違った解釈をしがちですが、こういう世間の目は、いっそう発達障害の子供や親を追い詰めることになります。

発達障害の原因については家庭環境や本人のわがままな性格や努力不足でなるものではなく、定型発達の人とは違う物事の見方、捉えかたをするので、一般常識に合わない態度や行動になって現れてしまうのです。

発達障害の特性は生涯にわたって続くものですが、発達障害の特性を理解し、周りが適切な対応をとることで、社会への適応力などは向上します。

発達障害は自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害、学習障害、ADHDなど多様です。

複数の特性が重なって現われることもあり、知的障害の有無によっても障害の程度は違ってきます。

親や家族、教師の支援が必要ですが、世間一般にももっと理解が広まってほしいと思います。

発達障害って何だろう?~:政府広報オンライン

スポンサードリンク



発達障害の子供を抱える家庭環境のありかた

発達障害についての理解を深めていくと、発達障害の多様性に驚かれると思います。

発達障害には広汎性発達障害、ADHD、ADD、学習障害などがあります。

広汎性発達障害には知的障害のある自閉症、境界知能の子供、IQの高いアスペルガー症候群などがあり、ADHD、学習障害を併発している場合もあります。

聴覚、視覚、嗅覚、触覚、味覚、痛みなどに敏感だったり、鈍かったり、睡眠障害やてんかんを併発している人もいます。

人によりこだわる部分が違ったり、社会性やコミュニケーションの面で問題になることが多いですが、ある分野では専門的な知識を持っていたり、ものすごい集中力で何かを成し遂げる一面ももっています。

そのため発達障害の子供の特性を理解せずに、親が自分の考えや世間の常識にあわせることだけを考えると、子育てがとても苦痛になります。

大切なのは発達障害は脳の発達に伴った障害であり、決して親のしつけや家庭環境が原因ではないということです。

いまだに発達障害の発症の原因は明らかになってはいませんが、親がいつまでもご自分を責めなくていいのです。

それよりも発達障害のお子さんに対してどんな支援が必要なのかを考えていきましょう。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ぼくが発達障害だからできたこと [ 市川拓司 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2016/8/19時点)

発達障害の障害に合わせた支援を考える

知的障害のある自閉症などの重度の発達障害は、3歳までに診断が可能だといわれているので、できるだけ早く専門医の診断を受け療育に取り組みましょう。

早期診断と早期療育が社会に適応していく能力を育てます。

必要な方は児童相談所で療育手帳の申請をしましょう。

境界知能のお子さんは、言葉の遅れがなければ診断が遅れる場合があります。

学校の授業についていけない、落着きがない、よく物をなくす、不器用さが目立つなど、日常生活の些細なことで支障がないか注意して見てあげましょう。

境界知能の子どもは自治体によっては療育手帳の申請または、精神障害者保健福祉手帳の申請ができます(自治体によっては却下される場合もあります)

知的な遅れはなく、むしろとても優秀な子どもでも、発達障害である場合があります。

日常生活にほとんど支障のない場合は、本人や周りも気づかないまま成人してしまうことも少なくありません。

社会にでてから適応障害を起こしてしまう大人の発達障害と呼ばれる人たちです。

自分の得意分野や特性にあった仕事に着けば、大きな問題はないようですが、苦手な分野、特にコミュニケーション能力が必要とされる仕事、一度に複数の仕事を臨機応変にこなしていく能力が求められる仕事は大変なようです。

社会に出る前に発達障害に気づくことができれば、どのような進路に進むべきか、どのような仕事に着いたらいいかということに対する準備もできます。

まとめ

発達障害の原因については今も様々な見解があります。

子どもが小さいうちは特に家庭環境が大切だといわれるし、親のしつけや育て方がクローズアップされがちです。

世間体を気にする日本の社会では、世間の目、親戚の目が養育者であるあなたに向けられることが多いことでしょう。

お子さんがもし発達障害だとしたら、親であるあなたがしなければいけないことは、世間の目を気にしながらも発達障害についてしっかり学び、お子さんにどんな支援が必要か見極めることです。

同じ療育に通う子ども達でさえ、一人として同じ子はいません。

あなたのお子さんにどんな支援が必要なのか、見つけるまで時間がかかるかもしれませんし、すぐに結果がでないかもしれません。

いろいろ試行錯誤し、悩み、少し良くなったかと思うとまた次の問題にぶつかるかもしれません。

けれども、お子さんを思うあなたの気持ちはきっと通じると思うので、必要な情報を収集しながらあきらめずに進んでいきましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ