発達障害の原因とアルコール

アルコール依存症の妊婦からは、約4割に胎児性アルコール症候群(FAS)の子供が生まれるという報告があり、外見的な形態異常、知的障害、てんかん、学習障害、重度の行動障害が見られることがあります。

発達障害の原因に妊婦のアルコール摂取があげられるのは、このことが根拠になっているようです。

スポンサードリンク



妊婦のアルコール摂取が胎児に及ぼす影響

images

妊婦が摂取したアルコールは胎盤を通じて胎児の体に入りますが、アルコールの代謝に伴って発生する物質が、胎児の細胞を傷つけたり、神経細胞の発育を阻害してしまう可能性があるということがわかってきました。

アメリカでは胎児性アルコール症候群(FAS)の発生率は0.2~2.0/1000人、フランスでは0.5~3.0/1000人と推定されています。

海外では妊婦や妊娠を計画している女性に対し、アルコールを摂取しないように指導文書を出しています。

日本の女性は、欧米の女性に比べてそれほどアルコールを飲まないと言われますが、妊娠中のアルコールの弊害に関する意識が薄いといわれています。

少しなら飲んでも大丈夫だろう、妊娠がわかってからやめればいいという曖昧な認識をもっている人も多いと思います。

医師の間でも、妊娠中の少量のアルコール摂取を認めていることもありますが、日本の安全基準は甘いようです。

アルコールによる影響は個人差がとても大きく、個人の体格、アルコールを吸収する速さ、分解する能力、年齢などが関わってきます。

食前酒などの少量のアルコール摂取で、胎児に影響が現れたケースもあるため、このくらいなら大丈夫という安全基準値ははっきりしていません。

自分が飲みたいからアルコールを飲みますか?

妊娠中は胎児の形成にとても大切な時期だというのは、ほとんどの人が知っていると思います。

妊娠中は赤ちゃんの脳や内臓、骨を含めた身体の形成、神経系の形成が日々行われています。

妊婦が摂取したものは、赤ちゃんに必要な栄養素も、タバコやアルコールの有害な成分も、へその緒を通じてすべて赤ちゃんに送られていきます。

これは必要で、これは要らないと赤ちゃんが選別できればいいですが、お腹の赤ちゃんはそれを選ぶことができません。

自分の今食べているものが胎児にどんな影響を与えるのか、真剣に考えるなら食べるものを選ぶことでしょう。

大量のアルコールを飲むことにより流産、未熟児、発達障害などのリスクが高まるといわれてきましたが、今では少量のアルコールでもリスクがあるということが分かってきました。

お酒の好きな女性に赤ちゃんができたけど、自分が飲みたいからという理由でアルコールを飲んでしまいますか?

アメリカの小児科学会では、妊婦に対して「アルコールは一切飲んではいけない。たとえ少量であっても絶対にダメ」と呼びかけたそうです。

飲酒しなければ胎児性アルコール症候群は予防できるというのですから。

普段からアルコールを飲んでいる女性は、妊娠に気付かずに飲酒してしまうということもあるでしょう。

その場合は、妊娠が分かった時点で気持ちの切り替えをすることのほうが重要だといわれます。

健康な赤ちゃんのために、禁酒は妊婦さんができることのひとつです。

お酒がないと生きていけない、お酒をやめる自信がないなどアルコールに依存性のある方は、赤ちゃんを考える前に専門家への相談をお勧めします。

ノンアルコールのお酒なら大丈夫?

では、「ノンアルコールのお酒は問題ないよね」という人が必ずでてくると思いますが、ノンアルコールの定義とは、アルコール濃度が1%未満の飲料ということです。

だから、ノンアルコールを謳っていてもアルコールが含まれている可能性があります。

料理酒はどうなの?

料理に使うお酒の場合は、加熱すればアルコール分が飛んでしまうので問題ありません。

ただし、過熱しない料理にお酒を使用する場合は、3~5分ほど沸騰させてアルコールを完全に飛ばしてから使うようにしてください。

意外と見落としがち!アルコール入りのお菓子、ドリンク類

洋菓子店で販売されているパウンドケーキやチョコレート、夏に人気のゼリーなどには洋酒が使われています。

飲料には、アルコールが1%以上含まれているものには”酒類”の表示が義務付けられていますが、菓子類にはありません。

夏に人気の贈答用のゼリーのアルコール量は、0.07%~高いものでは2.2%というものもあるそうです。

これは、ゼリー1個(125g)でビール(アルコール分5%)約70ml(およそコップ3分の1杯分)に相当するアルコールが含まれていることになります!

また、医薬品であるドリンク類は、アルコール含有の成分表示のみで、濃度が表示されていないこともあります。

購入時には、店頭で確認したり、原材料の表示をよく見るなどの注意が必要ですね。

スポンサードリンク



 胎児性アルコール症候群(FAS)と発達障害

妊婦のアルコール飲酒により、生まれて来た赤ちゃんが胎児性アルコール症候群(FAS)になってしまうことがあります。

胎児性アルコール症候群は特徴的な顔つき、発育遅延、発達障害の3つの特徴を持っています。

特徴的な顔つき

・小頭症(頭の鉢回りが通常児の5%ほど短い)

・耳の形態異常

・小さく短い鼻

・黒目部分しか開かない小さい目

・全体的に凹凸のない顔つき

・小顎症(成長するにつれ噛み合わせが悪くなってしまい、下あごが大きくなってしまうこともある)

発育遅延

・胎児のときから健常児よりも5~10%ほど身体が小さく、低体重

・出生後も成長が遅れがち

・稀に噛み合わせの悪い歯、出生時の異常に量の多い顔毛と体毛、水掻きのある指、屈曲した小指、小さい爪、関節異常、血管腫または皮膚の紫色のあざ等などが見られることがある

・心臓、腎臓、骨などに異常が見られることがある

中枢神経系の異常

・多動

・行動障害

・感覚過敏

・社会性がない、コミュニケーションが取れない

・特定の学習能力が低い

・脳性小児麻痺

・てんかん

この中には発育遅延と発達障害が認められるものの、FAS特有の顔つきが見られないこともあります。

発達障害に見られるような症状は軽度~重度まで個人差があり、軽度の場合は気づかれずに成長してしまうこともあるようです。

FASの3つの出生パターンのすべてに該当しないものは、胎児性アルコールスペクトラム障害(FASD)と呼ばれています。

胎児性アルコール症候群を治す治療法は?

残念ながら今の医療技術では、胎児性アルコール症候群を治す治療法はないということです。

しかしこの世に生を受けた以上、絶望してはいけないと思います。

出生時の状態、乳幼児健診で発達に障害が見られると気づいた時点で、医師に相談しましょう。

多動で異常な行動障害が見られたら、発達障害者支援センターに問い合わせてみましょう。

発達障害は早期に療育を始めるほど、社会に適応する能力が高くなります。

問題行動だと思われていた部分が薬の服用で抑えられるものもあります。

体が弱くしょっちゅう病院に通うかもしれませんし、健常児に比べて育児が大変なことは言うまでもありませんが、あきらめなければきっとよくなっていきますよ。

まとめ

妊婦さんの飲酒については今も色々意見があります。

実際昔は、1日1杯程度のお酒であれば特に問題はないと言われていました。

発達障害の一つの原因として、妊婦のアルコール摂取が挙げられますが、妊婦がアルコールを飲んでも健常児が生まれるし、お酒を飲まなくても、食生活にどんなに気遣っていても、子どもが発達障害だったということがあるからです。

何が発達障害の原因になるかはわからないにしても、赤ちゃんに良くないといわれているものを敢えて摂取することはないと思います。

最終月経の第1日目を「妊娠0日」とし、28日を妊娠の1カ月分にするといいます。

ほとんどの女性が自分も知らないうちに、お腹の中で新しい命が形成されているという神秘的な体験をしているのです。

すべての妊婦さんが、生まれてくる赤ちゃんのために、この期間を大切に過ごしてほしいと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ