注意欠陥障害の人は運転免許がなかなか取れない?

車があると便利ですよね。今の時代は、ほとんどの人が運転免許をもっていると思います。

ところが、教習所に通う人が皆順調に運転免許を取得できるわけではありません。

ADHDや注意欠陥障害の人が運転免許を取得するのは難しいといわれるのは何故でしょうか。

スポンサードリンク



ADHD、注意欠陥障害の人は運転免許を取らないほうがいいといわれる理由

発達障害の人は運転免許を取るのにとても苦労をする、運転しないほうがいいという認識が世間には広まっているようです。

ADHD 、注意欠陥障害、アスペルガーなどの発達障害の人たちが、運転に向いていないといわれるのは何故でしょうか。

次のようなことが原因としてあげられるようです。

・運転しながらボーっとしてしまうことがある

・瞬時の状況判断が苦手

・衝動性を抑えられずに乱暴な運転をすることがある

・車をよくぶつける

・周囲のドライバ―の気持ちを理解できない

・運転中にパニックになることがある

・不注意や集中力が散漫になる

・発達性協調運動障害を持つ人は空間把握が弱く、方向音痴な人も多い

・不注意からよく接触事故を起こす

・運転中に会話をすると運転に集中することができなくなる

・周囲の刺激に気が散る特徴がある

・標識や信号の見落としをする

・車庫入れや、狭い立体駐車場などでの駐車は非常に苦手

注意欠陥障害の当事者が運転免許を取るまで苦労したこと

ADHDや注意欠陥障害の当事者がブログなどで体験談を書いていますが、運転免許をとるまでに大変な苦労をされているようです。

ADHDや注意欠陥障害の特性に、忘れっぽくてうっかりミスが多いというのがあります。

予約してうっかり忘れちゃったらキャンセル料金がかかるから、怖くて予約ができないという方。

不注意から、ガス欠になるまでガソリンスタンドに行かないというミスも起りうるとのことです。

先延ばし傾向が強い方は、まだ期限は十分あるからと、教習所に通うのを先延ばしにしてしまう、、これは周りで見ている家族の方がはらはらしそうです。

そして興味が無いことや、面倒なことは極端に回避してしまう傾向もあり、他のスケジュールが入って忙しくなってしまうと、やる気がなくなってしまうこともあるそうです。

暗記が苦手な方は、何度も筆記試験でつまづいたり、運転時は複数の操作を同時に行うこと自体が苦手なため、何度も怒られていたという方も多いようです。

複雑な形の交差点などで、うっかり一方通行の出口から入ってしまう、赤信号の下に直進の矢印が出ているような場合でも、ついアクセルを踏むのをためらってしまう。

車線変更してきた車に驚いてしまって、さらにその奥の斜線にいる自分までブレーキを踏んでしまうなど、とっさの状況判断が苦手ということもあるそうです。

これは男性の方の話ですが、男性が運転免許を取るなら、マニュアル車という風潮があり、AT限定なんて取ってる男は、情けない、かっこ悪いと思う人が多いそうです。

だから運転免許を取るときも、ほとんどの人がマニュアル車を選択するのですが、いざ運転をしてみると、ミスが目立ち、教官にかなり怒られたという方もいます。

AT限定を選ぶことも考えてみるのはどうでしょうか。

運転することがストレスになってしまうと、運転が楽しいどころではありませんね。

スポンサードリンク



注意欠陥障害の人が運転免許を取ってからその後

注意欠陥障害やADHDの方は、運転免許を取るのが大変だといわれていますが、一度で合格する方もいるし、免許を取った後も慎重に運転するので、無事故の方もいらっしゃいます。

ADHDの特性として衝動性を持つ方もいますが、注意欠陥障害の方の中には衝動性はそれほど関係ないという方もいるのです。

必要だったので免許は取ったけれど、よく接触事故を起こしていたため、保険料が高かったという方がいました。

よく車をぶつけていた、車庫入れが苦手だった、子供たちを乗せてうるさいと運転に集中できなかった、自分は運転には向いてないと思ったので、子供が大きくなってからは運転をやめたと話してくださいましたが、ひょっとするとこの方は注意欠陥障害かしら?と思いました。

運転免許を取得してからも、自分は運転に向いてないと思ってやめた方、乗らなくなってしまった方、免許の更新だけしているという方もいますが、お仕事の関係上、車の運転をしなければならない方は、そうとばかりも言っていられません。

どんな点に注意しておられるのかというと次のとおりです。(個人差があります)

・話しかけられると運転に集中できないので、一人で運転する

・道をおぼえきれていないうちは、カーナビをきちんとセットする

・知らない道は助手席に信頼できる人に乗ってもらう

・ハンドブレーキを活用する

・注意欠陥障害の症状を緩和するための薬を飲む(気分が落ち着き、状況判断や計画性のなさが緩和するとのこと)

・運転中はスマホの電源を切る

・集中力が続かないと思ったら、途中で休む

・長時間の運転をしない

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

発達障害者と自動車運転 免許の取得と教習のためのQ&A
価格:1296円(税込、送料別) (2017/3/8時点)

注意欠陥障害の人で運転免許を持つ人は意外と多い

今の40代以上の方は、発達障害の診断を受けている方は少ないと思います。

そもそも、昔は大人の発達障害という言葉はなかったように思います。

言い換えると、未診断の大人の発達障害の人、ADHD、注意欠陥障害の人が、意外と沢山いるということです。

日常生活によほどのことがない限り、本人も周りも、性格や個性だと思っていて、気づかなかったということもあると思います。

運転免許を取ることが契機となり、運転が自分に向いていないと思う方は、ひょっとしたら注意欠陥障害かもしれません。

運転に向いていないことが障害の特性から起こっているとすれば、今まで感じてこられた様々な問題や、疑問に思っていたことなどが、専門医の診察を受けることで明確になるかもしれません。

ADHDや注意欠陥障害は、脳の機能の偏りが関係していると考えられていますが、詳しい原因はまだわかっていません。

脳の前頭前野は思考や感情、意欲、記憶、実行機能などを司っていますが、ADHD、注意欠陥障害の人は前頭前野の脳の働きに偏りがあると考えられています。

ADHDや注意欠陥障害は、脳内の神経伝達物質の不足が関与しているといわれ、薬によって神経伝達物質の量を増加させ、一般的な状態に近づける方法が取られます。

現在の日本で一般的に用いられている治療薬は、コンサータやストラテラです。

投薬治療を行う際には、医師の指示に従い適切な服用をしなければなりません。

まとめ

ADHDや注意欠陥障害の人は、定型発達の人に比べて運転免許を取るのが大変だということがわかります。

運転免許を取得している方はいますが、障害の特性のために、運転時は人一倍注意を払わなくてはならないようです。

注意欠陥障害の方の経験から、運転には向いていないと自覚される方が多く、運転をメインとする職業につかないことや、慣れない場所の運転をしないなどの工夫をされているようです。

交通事故は発達障害の人だけでなく、スマホによる不注意の事故、高齢者の事故も社会問題になっていて、70歳以上は運転免許を返すべきだという意見もあります。

特に田舎では交通の不便さから、80才以上のお年寄りが普通に運転されていますが、判断力や認知機能の低下から事故を起こす確立は上がります。

自分がどんなに交通ルールを守っていても、相手の車によるミスや、運転の未熟さから事故を起こしてしまうこともあります。

事故が起きた場合には、自分も相手も大変な損害を被ってしまい、取り返しのつかないことになる可能性もあります。運転者は慎重に考えたいですね。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ