エビリファイの効果時間と期間について

エビリファイはメジャートランキライザー(抗精神病薬)の一種で、2006年に発売された新しい薬です。

エビリファイには気持ちを落ち着ける穏やかな鎮静作用があります。

副作用が少ないこともあり、エビリファイはいろいろな病気に使われるようになってきています。

エビリファイの効果時間、期間などについて調べてみました。

スポンサードリンク



エビリファイという薬の特徴と効果について

images

エビリファイは統合失調症の治療薬として開発された薬ですが、その適応範囲は広く、双極性障害やうつ病をはじめ、パーソナリティ障害や自閉症など様々な疾患に使われています。

エビリファイは抗精神病薬の中でも非定型抗精神病薬という新しいタイプに属し、それ以前の定型抗精神病薬と比べると全体的な副作用は少なくなっています。

新しいタイプの抗精神病薬は「SDA系」「MARTA系」「DSS系」の3つのタイプに分けられています。

SDA系(Serotonin-Dopamine Antagonist)は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンとドーパミンの受容体の働きを、遮断する作用のある薬です。(リスパダール、ルーラン、ロナセン)

MARTA系(Multi-Acting Receptor Target Antipsychotics)は、セロトニンやドーパミンだけでなく、さまざまな神経伝達物質の受容体に作用して、過剰な働きを遮断する薬です。(ジプレキサ、セロクエル)

DSS系(Dopamine System Stabilizer)は、ドーパミンが過剰に働いているときは抑制し、少量しか放出されていないときは、刺激して放出するように作用する薬です。(エビリファイ)

今までの抗精神病薬でドーパミンをブロックしすぎてしまうと、パーキンソン病のような神経症状の副作用(手の震え、表情が固くなる、歩行が困難になる、、、、)が起こってくるという副作用がありました。

エビリファイの画期的なところは、ドーパミンをちょうどいい具合に調整できる点です。

この新しい作用からエビリファイは、第3世代の非定型抗精神病薬と呼ばれることもあります。

エビリファイは他の抗精神病薬と違って無理にドーパミンを遮断しないため、穏やかに効果が現れ、副作用が全体的に少ないという点も大きなメリットになります。

エビリファイのデメリット は穏やかに効く分、鎮静する力に欠ける事が挙げられます。

エビリファイの半減期と効果時間

わたしたちが薬を飲むときに、どれだけの速さで代謝、排泄されていくか知っておくといいと思います。

1日何回薬を飲むかは、処方される薬によって決まっていますが、その決定は薬を飲んだ場合における血中濃度が関わっています。

薬を飲むと、ある程度の時間を経過した時点で、薬の血中濃度がピークになり、その後は時間の経過と共に低下していきます。

薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことを半減期といい、薬の作用時間を知るひとつの目安になります。

薬の半減期が分かると、そこから薬の様々な特徴を知ることが出来ます。

エビリファイは最高血中濃度到達時間3.6時間、半減期61時間なので、服用回数は1日1回になります。

抗精神病薬の半減期も薬によって違います。

半減期の長い薬、インヴェガやジプレキサ、エビリファイなどは、長く効くため1日1回の服薬で充分に効果が持続します。

半減期の短い薬、ルーラン、セロクエルなどは作用時間も短いため1日2回や3回の服用になります。

実際は半減期だけで薬の作用時間が判断できないものもあり、2相性の半減期を持つもの(途中で血中濃度が落ちるスピードが変わる)、代謝物も活性を持っていてそれも効果に影響するものなどがあります。

服薬する回数が少なくてすむというのは患者にとってはメリットですが、薬がなかなか身体から抜けないというデメリットにもなります。

もし、エビリファイを服用して何らかの副作用が出てしまった時、その副作用は長く続いてしまう可能性があるという事です。

エビリファイは非定型抗精神病薬の中でも、副作用が少ないといわれていますが、副作用の出方には個人差があるため注意が必要です。

スポンサードリンク



個人差が大きいといわれるエビリファイの副作用

エビリファイの副作用は基本的には少ないといわれていますが、人によってはアカシジア(足がムズムズして動かさずにはいられなくなってしまう症状)、吐き気、頭痛、イライラ感、下痢、体がだるいなどの症状を訴えることがあります。

エビリファイのアカシジアの特徴は、特に投与初期に多く認められ、また低用量でも認められるという場合があります。

薬の副作用は普通、少ない量だと起こりにくく量を増やせば増えてくるというものが多いのですが、エビリファイのアカシジアは低用量でも認められるし、反対に高用量にしても悪化しなかったり逆に改善することもあります。

初期の副作用は2週間くらいで落ち着いてくるといわれます。

副作用の感じ方には個人差があり、服用するたびに吐き気や不眠などの副作用に悩まされるというのは精神的にもとても辛いと思います。

めったにないといわれますが、重い副作用として血糖値の変動による昏睡や意識障害があります。

また、抗精神病薬には「悪性症候群」という注意を要する副作用があります。

高齢の方、体の弱っている方、薬の量を増やしたときなどに出現することがあるので注意が必要です。

錠剤よりは液剤の方が副作用も少ないと感じる方がいるようなので、試してみるのもどうでしょうか。

薬の副作用が辛いからと独断で薬を減らしたり、やめてしまうのは危険なので、必ず主治医に相談しましょう。

エビリファイの剤型の種類と用量

エビリファイは剤型の種類が豊富なことも特徴の一つです。

錠剤をはじめ、OD錠(口の中で解けるお薬)、散剤、液剤、持効性注射剤という種類があります。

仕事で外に出ていることが多い方は、出先で常に水を持ち歩いているとは限らないので、液剤やOD錠が服用しやすいでしょう。

OD錠は嚥下障害のある方や、お薬を飲み込むのが苦手なお子さんにも向いています。

エビリファイ持効性水懸筋注用薬は、エビリファイで症状が安定している人に処方されるようです。

注射自体は月に一度なので、通院回数が減るというメリットがありますが、液剤や錠剤では出なかった副作用が出た場合、薬が抜けるまでの期間が非常に長くかかることになります。

ちなみに薬価は散剤がいちばん安く、ついで錠剤、液剤、特効性注射剤の順になるそうです。

用量は少量から始めて、速やかに十分な量まで増量していきます。

エビリファイの薬の作用が発揮されるまで2週間くらいといわれていますが、その間に顕著な副作用がでた場合は、他の薬を選択することもあります。

治療に用いる薬の選択や用量は、症状に対する効果と副作用のバランスによって決められます。

どの薬がもっとも合うのか、適切な用量はどのくらいかは、患者さんによって異なるので、医師も一律に判断できないそうです。

患者さんの服用した際の実感が重要なポイントになります。

まとめ

薬の体内処理能力は個人差があるので、効果が出る時間や期間もみなが同じではないようです。

抗精神病薬を投与して、48時間以内に劇的な効果をみせる人もいれば、数カ月もかかってゆっくり反応する人もいるそうです。

比較的安心な薬といわれるエビリファイですが、副作用の現れ方にも個人差があります。

抗精神病薬の処方は、患者の状態を医師が判断して、その患者さんに合わせたオーダーメイドの処方をしていきます。

薬の効果を得るためにも、服薬した反応はどうだったのかを、できるだけ細かく記録しておき、主治医に伝えましょう。

ご自分に合う薬を見つけるのに役立つと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ